GIMPでアルファチャンネルとレイヤーマスクを試してみる

GIMPでアルファチャンネルとレイヤーマスクを試してみる。

アルファチャンネルの追加

画像を新規作成した時、通常、背景のレイヤーにはアルファチャンネルは追加されていない。

この状態で、消しゴムで消したり、選択範囲を切り取ったりしても、透明にはならず、背景色になるだけである。
(わかりやすくするために、事前に背景を青色で塗りつぶしています)

[レイヤー]-[透明部分]-[アルファチャンネルの追加]でアルファチャンネルを追加して、

あらためて、消しゴムで消したり、選択範囲を切り取ったりしてみると、透明になる。

アルファチャンネルの削除

[レイヤー]-[透明部分]-[アルファチャンネルの削除]でアルファチャンネルを削除すると、

透明部分がなくなる。

レイヤーを追加した場合のアルファチャンネル

新しくレイヤーを追加した場合、

デフォルトではアルファチャンネルは追加された状態となっている。

背景レイヤーのみアルファチャンネルが無い状態で作成されるっぽい。
(塗りつぶし色を透明で作成した場合は除く)


レイヤーマスクの追加

[レイヤー]-[レイヤーマスク]-[レイヤーマスクの追加]で

レイヤーマスクを追加すると、

レイヤーマスクが追加される。

画像とレイヤーマスクの切り替え

画像を選択すると、画像のアイコンの外枠が白色になり、レイヤー境界線が黄色になる。

レイヤーマスクを選択すると、レイヤーマスクのアイコンの外枠が白色になり、レイヤー境界線が緑色になる。

レイヤーマスクへの描画

レイヤーマスクを選択した状態で、
黒色の鉛筆で塗ってみると、塗った所が透明になる。
灰色で塗ってみると、塗った所が半透明になる。

レイヤーマスクの表示

[レイヤー]-[レイヤーマスク]-[レイヤーマスの表示]を有効にすると、

レイヤーだけ表示される。

レイヤーマスクの無効化

[レイヤー]-[レイヤーマスク]-[レイヤーマスの無効化]を有効にすると、

レイヤーマスクが無効な状態になる。

レイヤーマスクの適用

[レイヤー]-[レイヤーマスク]-[レイヤーマスの適用]を実行すると、

レイヤーマスクが画像に反映され、レイヤーマスクは無くなる。

右クリックメニュー

アルファチャンネルやレイヤーマスクに対する操作は、レイヤーの右クリックメニューからも行える。