AnsibleでEPEL/RPMforge/Remiのリポジトリを追加してみる

Ansibleでインストールしてみる
の続き

AnsibleでEPEL/RPMforge/Remiのリポジトリを追加してみる。

プレイブック

プレイブックを作成する。
※面倒なのでname:を省略してますが、ちゃんとname:を付けましょう。

$ vi yum_repos.yml
---
- hosts: all
  sudo: yes
  tasks:

    # EPEL/Remi/RPMforgeをインストールする
    - yum: name={{item}}
      with_items:
        - http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
        - http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
        - http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

    # 明示的に指定したいのでenabledは全て0にする
    - replace: dest=/etc/yum.repos.d/{{item}} regexp="enabled *= *1" replace="enabled=0"
      with_items:
        - epel.repo
        - rpmforge.repo
        - remi.repo

実行

プレイブックを実行するとリポジトリが追加される。

$ ansible-playbook yum_repos.yml

SL

試しにSLコマンドをEPELからインストールしてみる。

$ vi sl.yml
---
- hosts: all
  sudo: yes
  tasks:
    - yum: name=sl state=latest enablerepo=epel
$ ansible-playbook sl.yml

SLが走る。

$ ssh hoge@192.168.56.101
centos$ sl